仕事ができる人の共通点、特に意識するのはたったの3つだけ

仕事ができる人の共通点

仕事ができる人の共通点って挙げていけばきりがないですよね。

でもどれだけ数を上げても大事な部分って一部なんです。

今日は必ず押さえておきたい、特に意識するべき共通点を3つご紹介します。

 

1:朝の時間を有効活用する

朝の時間は仕事が最も捗る時間帯です。

睡眠をとった後なので脳が最も冴えているという事が最も大きいです。

脳はパソコンと同じで、使い続けていくと処理能力が落ちてきます。

夜遅くまで悩んだあげく結局答えが出なかった問題も、一度睡眠をしっかりとって次の日の朝一で考えるとあっさりと答えが見つかる事も多いです。

無駄に何時間も残業を続けて仕事をするより、スパッと帰って次の日の朝に片付ける方が効率的なのはこのためです。

 

しかし、どうしても仕事を切り上げるのが出来ない空気ってありますよね。

あれは日本人特有かと思いますが正直良くない傾向です。

休む事を推奨するわけでは無く、効率の良い時間帯や状態を把握した上で上手く調整できる人がやはり仕事もスムーズにこなせる人なのです。

 

2:あらゆる物事に疑問を持つ

物事は自分の意志とは関係なく進んでいきます。

朝は掃除をしなければならないから掃除をする。

朝礼があるから朝礼をする。

日報を出さなければならないから日報を書く。

これらは全て会社で決められたルールです。

ルールは守らなければなりません。

これは社会人としても当たり前です。

しかし、ただ何も考えずにルールを守るという事は少し違います。

 

なぜこのルールが必要なのか?

逆にこうすればもっと良い方向に改善できるのではないか?

 

こういう自問自答をする癖をつける事です。

もし現状よりも良い方向に物事が進むなら会社は喜んで改善を受け入れてくれるでしょう。

なぜならそれが会社の為になるのですから。

合理的に判断すれば断る理由は何もありません。

 

ただ決められたルールに従っているだけなら誰にでも出来ます。

より良くするという気持ちと行動力がある人はやはり仕事でも成果を出しています。

普段の物事への考え方で仕事の向き合い方も変わってくるのです。

 

3:常に勉強する

これは何度も言ってますが、勉強をしない人は絶対に仕事はできません。

どれだけ自己投資に時間を使っているかでその人間の発言や行動が変わります。

遊ぶ事だけに時間を使っている人はそれまでです。

今以上には絶対になれません。

 

仕事ができる人は自己投資を怠りません。

かと言って、全く遊んでいないかと言えばそういうわけでもありません。

要はバランスなのです。勉強と遊びのバランス。

これを自分でコントロールできるんです。

自分が勉強不足だと感じるなら勉強に時間の大半を使うべきですし、逆であれば遊びに時間を使っても構いません。

 

そして比較対象は自分以外の人間です。

他人よりどうか。特に会社で考えるなら同僚や先輩と比べて自分はどうか。

現在の能力と、勉強に充てる時間。

これらを比べる事で自分がどれだけ自己投資しなければならないかが見えやすくなります。

 

僕から言わせれば少なくとも20代の内はほぼ自己投資に時間を使うべきだとは思いますが。

厳しいと言われますがそれくらいしないと周りの人間と同等程度にしかなれません。

しっかりと自己投資していきましょうね。

 

いかがですか?

仕事ができる人の共通点として3つのお話をしました。

これ以外にもまだまだ要素はあるのですが、それはまた別の機会で紹介したいと思います。

この記事は参考になりましたか?

スポンサーリンク

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>