仕事ができない上司にはこう対応しよう

仕事ができない上司

仕事ができない上司の下で苦労した事はありませんか?

こういう状況って意外と多くの人が体験している事なんです。

そんな上司の下で働く事になった時、どう対応していけば良いかをお話します。

仕事ができない上司がいた場合それはチャンスと捉えましょう。

上司が仕事が出来ないのであれば自分が代わりにやればいいのです。

 

「なんで上司の分まで・・・」

そう思う気持ちも判りますが、仕事は上司から奪ってこそ価値があります。

言い方は悪いですが、上司がボンクラであればある程仕事を奪いやすいのです(笑)

 

あなたが仕事を積極的にしていれば、それを誰かが必ず見てくれています。

それがゆくゆくはあなた自身の評価に直結する事となるのです。

 

上司や同僚の愚痴を言うくらいなら仕事を奪って120%の出来でこなしていけばいいのです。

それが自分にとってプラスになる事は間違いありません。

 

仕事ができない人には何を言っても意味がないのです。出来ない人はずっと出来ない。そういうものです。

それくらい割り切って物事を考えられるようになると誰と仕事してもやりやすいですよ。

 

後は自分がどれだけ先の未来を見て行動できるかです。

目先の事だけを見ていると「上司の代わりに仕事するなんて損」だという感情が出てしまいます。

しかし未来を見ていると考え方が変わります。むしろラッキーとすら思える事もあるのです。

 

自分の未来はあなた自身の今の行動からしか作られません。

過去にどれだけ努力したか、どれだけの経験を積んだかで未来は作られるのです。

未来を作るチャンスだと思って行動すると得られるものも変わってきますよ。

この記事は参考になりましたか?

スポンサーリンク

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>