仕事を辞めたいと感じる大きな原因とその理由

仕事を辞めたい理由

仕事は人生の中でとても大きなウエイトを占めています。

一般的には一日の内の3分の1は仕事に時間を使っています。

残業などがあって多い人では半分近く仕事に時間を費やしている人もいるでしょう。

 

これだけ長く仕事をしていると辞めたいと感じる事もあるのは当然です。

仕事を辞めたいと感じる人はどういう理由で辞めたいと感じるのかを紹介します。

 

人間関係がうまくいかず辞めたい

人間関係は仕事を辞めたいと意識する一番多い理由と言われています。

例えば、以下のような状態になると人間関係が悪くなっていく可能性が高いです。

  • 自分だけ会話に入れない
  • 仲の良い仕事仲間がいない
  • コミュニケーションをほとんど取れない
  • 悩みを相談する仲間がいない
  • 話を聞いてくれる上司がいない

 

これらの状態は主にコミュニケーションが原因で発生してくる問題です。

そして、コミュニケーションの問題は仕事上の問題へと発展していく事が多いです。

 

改善する為には、同僚や上司と積極的にコミュニケーションを取るよう心がける必要があります。

同僚とはランチを一緒に食べたり休憩時間を一緒に過ごすなどして少しずつ距離を縮めていくと良いでしょう。

上司に対しては「相談がある」という事で相談時間を取ってもらうとコミュニケーションが取りやすいです。

 

上司にする相談は難しい相談でなくても構いません。すぐに解決できるような内容でも良いのです。

相談して解決出来たというプロセスが大切なのです。

これにより上司との信頼関係が構築されていきます。

 

仕事ができないから辞めたい、面白くないから辞めたい

これも最近では多いのではないでしょうか。

思ってた仕事ができない、面白くない仕事だけをさせられる。つまらないし辛い。

こういう感情になると辞めたいと思う事が多くなります。

 

現状に対して不満が溜まっている状態ですね。

これを続けているとストレスになります。

 

ストレスが溜まると精神的にもきつくなり身体にも影響が出てきます。

そうなる前にやはり上司や仲間に相談する事が重要です。

出来れば仲間よりも上司に相談した方が効果的です。

 

なぜなら、仲間への相談は愚痴の言い合いにしかならない可能性があるからです。

それではあなたの不満は解消されません。

 

上司に相談する事で現状を改善してもらえるよう働きかける事が重要です。

辞めるのはその後でも遅くありません。

辞めるという選択の前に出来る事を考えて行動する事もおすすめですよ。

 

他にやりたい仕事ややりたい事ができたから辞めたい

この理由は多いように思えて実際は建前。

無難に辞める時の口実として使われる事が多いのがこの理由です。

 

やはりやりたい事の為に会社を辞めるって相当の覚悟がないと出来ません。

それだけの覚悟を持って辞める人って実は一握りなんです。

 

ただ、もし円満に辞めたいならこの理由が一番確実です。

下手な理由を付けるより前に向かって頑張りたいから辞めるという理由の方が本人にとっても会社にとっても前向きになれます。

円満退職を考えるならこれが一番です。

 

まとめ

上記以外にも辞めたいと感じる理由はあるでしょうが、やはりストレスや人間関係が大きなウエイトを占めているのは間違いありません。

辞める事自体は簡単ですが、根本の原因を把握し改善できるよう努める事も重要です。

次の職場に行った時、同じ過ちを繰り返さないようにする為にも教訓として対策意識も覚えておきましょう。

この記事は参考になりましたか?

スポンサーリンク

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>